高校野球夏の徳島県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権徳島大会2016年組み合わせトーナメント表

6月27日月曜日の抽選会で
第98回全国高等学校野球選手権徳島県大会の組み合わせトーナメント表
決まることになりました。

公立優位の予選であるために全国から人気も高い大会になりますが
トーナメントの最後までくるチームは
どこになるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

第98回全国高等学校野球選手権徳島県大会
組み合わせトーナメント表

 
第98回全国高等学校野球選手権徳島大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年徳島県大会の優勝候補予想・展望、日程
 
ネットなどの反応
 
・生光学園の甲子園初出場が見たい
・31校しかないのか
 

参加校数

31チーム

選手宣誓は川島の前野紘輝主将に
決まりました。

シード校

鳴門・城南・生光学園・富岡西

春季徳島県大会のベスト4以上が
シード権に決定しました。
 

見どころ

 
Aブロックは鳴門がシードで入っていて
城東といったところが5連覇を阻むのか
見ものであります。

Bブロックは富岡西がシードになり
小松島といったところとベスト4を争うことに
なるんじゃないかと予想されますね。

Cブロックは城南がシードで登場するも
初戦から強豪徳島商業とあたることになり
注目を集めることになりそうです。

Dブロックは生光学園がシードになり
私立唯一のチームとして
どこあmで勝ち上がるのか注目されることになります。

まとめ

Cブロックが1回戦から面白い戦いがあり
そして鳴門の連覇をどこが阻むのかということに
注目が集まることになるといえます。
 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る