高校野球夏の愛媛県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権愛媛大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権愛媛県大会の組み合わせトーナメント表
四国地区の中で一番早い6月26日に発表されました。

強豪が普通にシード権を獲得し
いいかんじの組み合わせになったかと思いますが
果たしてどうでしょう。

スポンサーリンク

 

第98回全国高等学校野球選手権愛媛県大会
組み合わせトーナメント表

 
第98回全国高等学校野球選手権愛媛大会2016年組み合わせトーナメント表
 
夏の高校野球2016年愛媛県大会の優勝候補予想・展望、日程

ネットなどの反応

・済美のリベンジに期待
・宇和島水産参加しなくなったのか
 

参加校数

 
60チーム

選手宣誓は
松山工の喜田裕介主将に
決まりました。
 

シード校

 
川之江・今治西・新田・済美
 
春季愛媛県大会の優勝校にプラスされて
シードが決定しました。

見どころ

Aブロックは川之江がシードを獲得することになりました。
春準優勝の松山聖陵とは初戦で当たる可能性があり
そうなると多くの注目を集めることになってしまうでしょう。

Bブロックは今治西がシードになり
組み合わせ的にはとても有利だと思いますが
事がうまく運ぶかどうかというところを
楽しみにしたいところです。

Cブロックは済美がシードとなりましたが
松山東といったところも存在しており
ちょっとした波乱が期待できそうです。

Dブロックは新田がシードですが
宇和島東と早々に当たる可能性があり
結果がどうなるのか考えている人も多いことでしょう。

まとめ

Aブロックで春の決勝カードがそうそうに
見られる可能性があるという結果の組み合わせに
なりました。

なにかおもしろいことが
おきそうであります。
 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る