高校野球夏の島根県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権島根県大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権島根県大会
組み合わせトーナメント表が
6月18日に出来上がりました。

ノーシードにも強豪が多く
甲子園出場権を勝ち取るのは難しそうですね。

スポンサーリンク

 

第98回全国高等学校野球選手権島根県大会
組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権島根県大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年島根県大会の優勝候補予想・展望、日程
 
ネットなどの反応

・平日の試合が多いな
・シード以外にも強いところが多い

参加校数

 
39校

参加チームは昨夏と同じ数に
なりましたね。

選手宣誓は立正大淞南の
平迫紅兵主将になりました。
 

シード校

 
開星・大社・益田東・大東

春季県大会のベスト8以上から選ばれることに
なりました。

見どころ

 
開星ブロックは選抜春の甲子園出場の開星が
圧倒的に有利とみえますが
ここを倒すチームがでるのかどうか楽しみですね。

大東ブロックは立正大淞南や春季大会4位の隠岐といった
甲子園経験チームもノーシードで入っているために
激戦必至といえる状況となっています。

大社ブロックは昨夏代表校の石見智翠館が
ノーシードで登場したりします。
大社、石見智翠館で争うことになりそうですが
それを崩すチームが出てくるのでしょうか。

益田東ブロックは出雲がノーシードで入っていたりします。
ただ益田東が有利な状況に見えますね。
 

まとめ

 
39校と参加するチームが全国の中でもかなり少なめになっています。
いままでの実績もそうですが
勢いのあるチームがとにかく有利となって来るでしょう。

ノーマークのチームが優勝してしまうという可能性も高く
楽しみ満載でありますね。 

夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る