高校野球夏の和歌山県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権和歌山大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権山形県大会の組み合わせトーナメント表
6月25日の抽選会で発表されることになりました。

数少ないチームで予選を戦うことになりますが
甲子園に出場したチームは結果を残す傾向にあるために
予選から注目を集めることになります。

スポンサーリンク

第98回全国高等学校野球選手権和歌山県大会
組み合わせトーナメント表

 
ベスト4以上は再度抽選して
組み合わせが決まることになります。
 
第98回全国高等学校野球選手権和歌山大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年和歌山県大会の優勝候補予想・展望
 
ネットなどの反応

・智辯学園和歌山が智辯学園に続いて甲子園優勝するか。
・日高中津に頑張ってほしい。

参加校数

39チーム

選手宣誓は新宮の田邊優吾主将に
決定しました。

シード校

 
日高中津・有田中央・智辯和歌山・紀央館
 
春季和歌山大会でベスト4以上のチームが
シード校として戦うことになります。
 

見どころ

Aブロックは日高中津がシードで登場します。
高野山や古豪箕島がノーシードで入り
ここを抜け出すのはどのチームにとっても
大変な状況になります。

Bブロックは有田中央がシードとなります。
桐蔭、和歌山商も入っているために
こちらもかなりの激戦が予想されます。

Cブロックは智辯和歌山がシードですが
選抜春の甲子園出場の市和歌山と同じ組になり事実上の決勝戦が
行われてしまう可能性がありです。

Dブロックは紀央館がシードであり
初芝橋本も存在して
どちらかが抜けることになるでしょうが
すんなりいくのでしょうか。
 

まとめ

 
どのブロックもそれなりの激戦区となっており
ベスト4に残るのはどこかわかりにくい状態となっています。

 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る