高校野球夏の茨城県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権茨城大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権茨城県大会の組み合わせトーナメント表
6月23日に作成されました。

ここ最近は常総学院が優勝してなかったりしますが
今回のトーナメントでは途切れることなく
優勝まで行くのでしょうか。

スポンサーリンク

 

第98回全国高等学校野球選手権茨城県大会
組み合わせトーナメント表

 
第98回全国高等学校野球選手権茨城大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年茨城県大会の優勝候補予想・展望、日程

ネットなどの反応

・激戦ブロックがいくつかある
・強豪が集中している

参加校数

100チーム

参加校数は102校ですね。

連合チームは友部・神栖・石商と
なっています。

選手宣誓は取手二の橋本拓磨主将に
なりました。

シード校

常総学院・霞ヶ浦・石岡一 ・水戸商
藤代・取手松陽・太田一・日立一
常磐大高・土浦日大

春季茨城県大会ベスト16以上のチームから
10校選ばれました。

見どころ

Aブロックは常総学院、日立一、常磐大高がシードで出場します。
常総学院がこのブロックを抜け出しそうですが
昨夏みたいなジャイアントキリングもあるかもしれません。

Bブロックは水戸商、藤代が入りました。
下妻二がノーシードで入っていて
この3校が優位かなと思いますが
そのほかのチームはどのように対抗してくるでしょうか。

Cブロックは霞ヶ浦、太田一、土浦日大がシードになりました。
波崎柳川、鬼怒商といったところも入っていて
こちらもなかなかの激戦区となっています。

Dブロックは石岡一、取手松陽がシードになっています。
水城や明秀日立も同じブロックにいて
ここからどこが抜け出すのか
注目されることでしょう。

まとめ

強豪が集中したという組み合わせになり
勝ち上がるのはかなり大変な戦いになるでしょう。
ここで頂点を取れば
甲子園の戦いも期待できますね。

夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る