高校野球夏の秋田県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権秋田大会2016年組み合わせトーナメント表

6月23日抽選会で
第98回全国高等学校野球選手権秋田県大会の組み合わせトーナメント表
完成することになりました。

選抜甲子園出場なしで春季東北大会でもあまり結果を残せなかった
秋田県勢ですが
夏に頂点にたったチームは甲子園で活躍してほしいところです。

スポンサーリンク

第98回全国高等学校野球選手権秋田県大会
組み合わせトーナメント表

 
第98回全国高等学校野球選手権秋田大会2016年組み合わせトーナメント表 
 
夏の高校野球2016年秋田県大会の優勝候補予想・展望、日程

ネットなどの反応
 
・いったいどこが出てくるのか想像ができない。
・明桜が久しぶりに期待できる
 

参加校数

 
47チーム
 
連合チームは
二ツ井・小坂と矢島・雄勝となっています。

選手宣誓は
金足農業の木村達哉主将になりました。
 

シード校

 
能代・大館国際・大館鳳鳴・大曲工業
秋田中央・横手・能代松陽・明桜
 
春季秋田県大会のベスト8以上が
選ばれています。

見どころ

Aブロックは能代と大館国際がシードになっています。
秋田商業はノーシードで存在していて
波乱必至の激戦区といえる状態になりました。

Bブロックは大館鳳鳴と大曲工業がシードで登場します。
この2校を軸に展開されていきそうですが
前回初戦敗退の大曲工業に雪辱を果たしてほしいと
思います。

Cブロックは秋田中央と横手がシードになります。
金足農業の存在はあなどることができず
横手の初戦の相手になったら注目を集めることになるでしょう。

Dブロックは能代松陽と明桜がシードですが
ノーシード角館とともに
軸になっていくかと考えられます。

まとめ

Aブロックが熱い展開になっていきそうです。
どこが勝ち上がってもおかしくありませんので
存分に楽しめるんじゃないでしょうか。
 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表
 

 
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る