高校野球夏の長野県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権長野大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権長野県大会の組み合わせトーナメント表
6月25日抽選会で出来上がりました。

ここ最近は甲子園でも頑張ってくれる長野県勢ですが
予選はどんな感じで進んでいくのでしょうか。

スポンサーリンク

第98回全国高等学校野球選手権長野県大会
組み合わせトーナメント表

 
第98回全国高等学校野球選手権長野大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年長野県大会の優勝候補予想・展望、日程

ネットなどの反応

 

参加校数

 
84チーム

連合チームは
須商・園芸・創成となりました。

選手宣誓は松本県ケ丘の溝口裕介主将と
なっています。

シード校

松本第一・松商学園・上田西・長野日大
岡谷南・長野商・佐久長聖・松本深志
 
春季長野県大会ベスト8以上が
シード権を獲得しました。

見どころ

 
Aブロックは松本第一と岡谷南が
シードになっています。
連合チームが1勝できるかどうか
気になるところですね。
松本第一がブロックを順当に抜けるかどうかも
注目です。

Bブロックは佐久長聖と長野日大がシードで登場します。
この2校は上位常連でこのブロックでも軸になってくると
思われます。

Cブロックは上田西と長野商業がシードです。
小諸商や都市大塩尻といった秋の上位高校がノーシードで入り
激戦区となっていて熱い戦いを期待できそうです。

Dブロックは松商学園と松本深志が入っています。
松商学園がブロックを抜け出しそうですが
ほかのチームはどのように対抗してくるか
楽しみでありますね。
 

まとめ

 
Cブロックがかなり熱くなりましたね。
ここからどのように色が塗られていくのか
楽しみとなりました。

 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る