高校野球夏の石川県大会2016年組み合わせトーナメント表やシード校について

第98回全国高等学校野球選手権石川大会2016年組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権富山県大会の組み合わせトーナメント表
7月8日に出来上がり
すべての地区の組み合わせトーナメント表が
出そろうことになりました。

この組み合わせの中で
恒例となっている大逆転劇を見ることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

第98回全国高等学校野球選手権石川県大会
組み合わせトーナメント表

第98回全国高等学校野球選手権石川大会2016年組み合わせトーナメント表

夏の高校野球2016年石川県大会の優勝候補予想・展望、日程

ネットなどの反応
 
・金沢高専1年生10人のみの出場か。
・星稜が優勝かなあ。

参加校数

50チーム

連合チームは
志賀・内灘になります。

選手宣誓は松任の舟田純也主将に
決まりました。

シード校

星稜・金沢商・北陸学院・遊学館
石川県工・金沢西・金沢・小松明峰

春季石川県大会のベスト8以上が
シードを獲得する結果になりました。

見どころ

Aブロックは星稜と小松明峰がシードで入りました。
この2校を軸に展開していくかといえますが
波乱はあるのでしょうか。

Bブロックは金沢西と北陸学院がシードで登場します。
ここ最近奇跡を起こしている小松大谷が初戦でシード金沢西と当たる
ことになり
いきなり何かがおこるんじゃないかと楽しみですね。

津幡もノーシードで入り
激戦区となりました。

Cブロックは遊学館と金沢がシードで登場します。
秋準優勝の小松に門前がノーシードで入っており
こちらもなかなかの激戦区となりました。

Dブロックは県立工業と金沢商業が入っていて
日本航空石川や秋優勝の野々市明倫がノーシードで存在。
何が起こるかわからないブロックと
なりました。

まとめ

 
楽なブロックは全然ないという結果になり
例年のように
びっくりすることがおこりそうであります。

 
夏の甲子園地方予選2016年組み合わせトーナメント表

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る