夏の甲子園2016年準々決勝から決勝まで戦勝敗予想と組み合わせ

第98回全国高等学校野球選手権
準々決勝・準決勝・決勝の組み合わせと
各試合の勝敗予想です。

リオオリンピックと重なりながらも
根強い人気を見せた高校野球ですが
終わりに近づいてきましたね。

スポンサーリンク

準々決勝組み合わせと勝敗予想

8月18日(木)

常総学院(茨城)VS 秀岳館(熊本)

履正社や中京といった強力なチームを倒してきた
常総学院と東海勢を倒してきた東海の岐阜。県岐阜商業出身の
鍛治舎巧監督の率いる秀岳館。
小技が光る常総学院、打撃力が光る秀岳館、
見ごたえのある戦いになるでしょう。
個人的には心材の被害にあり岐阜出身の監督がいる
秀岳館に勝ってほしいと思うところですが
履正社戦を制した常総学院に分が少しあるように
思います。

鳴門(徳島)VS 明徳義塾(高知)

四国勢同士の戦いになりました。
智弁学園・盛岡大付といった強豪を
倒してきた鳴門に分があるようにおもいます。
明徳義塾は最近の低迷状態から抜け出し
復活を印象付けていますが
ここまでかなというのが正直な感想ですね。

北海(南北海道)VS 聖光学院(福島)

北海道勢と東北勢の戦いになります。
お互いにここまで来るとは思われなかったチームであり
この戦いは多くの人に注目される
結果となりました。
どちらが勝ち上がってもおかしくないでしょうが
ここまでの戦いを見る限りは
聖光学院が勝利するかと思われます。

作新学院(栃木)VS 木更津総合(千葉)

関東勢同士の戦いです。
投手力のある木更津総合、優勝候補の花咲徳栄を倒した
作新学院の戦いは
木更津総合に分があるように思います。

準決勝組み合わせと勝敗予想

8月20日(土)

作新学院(栃木)VS 明徳義塾(高知)

名門校同士の対戦となり
どちらも全国制覇の経験がありますね。
作新学院は準々決勝で最速152kmを記録した
今井達也投手の調子がよく
明徳を苦しめることになりそうです。
ただ明徳義塾は低迷がささやかれるなかで
ここまでしっかり勝ち上がってきており
この戦いでもやってくれるのではないかと
期待させてくれます。

北海(南北海道)VS 秀岳館(熊本)

北海がここまで勝ち上がったのは多くの人にとって意外だったようで
駒大苫小牧以来の北海道勢優勝の期待もあったりします。
そして震災の苦労がありながらも優勝候補といわれていた
秀岳館と対戦です。
秀岳館は甲子園で各試合1失点のみで
3点以上の差をつけて勝利してきました。
秀岳館が優位であるといえますね。

決勝組み合わせと勝敗予想

8月21日(日)

北海(南北海道)VS 作新学院(栃木)

作新学院は過去に春夏連覇を達成したことのある
名門校ですが。決勝進出は54年ぶりとなります。
北海はこの夏は甲子園最多出場校となりましたが
決勝進出は初めてです。
作新学院は優勝候補に挙げられたりもしてましたが
北海は意外だという人が多いようです。
今井投手ようする作新学院が優位かなというところです。

第98回全国高等学校野球選手権大会

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る