秋季高校野球東海地区大会2016年出場校組み合わせや優勝予想・展望

%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e9%ab%98%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e5%a4%a7%e4%bc%9a2016%e5%b9%b4%e5%87%ba%e5%a0%b4%e6%a0%a1%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b

第69回秋季東海地区高等学校野球大会
出場するチームと
大会の組み合わせトーナメント表、
そして優勝予想といったものを
書いていくことにします。

前回は愛知県の東邦と三重県のいなべ総合が
選抜大会出場を果たすことになりましたが
どちらのチームも

今回の大会には出場しないということに
なってしまいました。

スポンサーリンク

画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E5%A4%9A%E6%B2%BB%E8%A6%8B%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

2016年秋季東海地区高等学校野球大会

組み合わせ抽選:10月11日
大会日程:10月22日から10月30日
地区大会開催県:静岡県
選抜出場枠:2校

第69回秋季東海地区高等学校野球大会出場校

各県の上位3校が
地区大会に出場することになります。

各県大会のベスト8以上の
トーナメント表も掲載していきます。

静岡県

%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e9%9d%99%e5%b2%a12016

1位:聖隷クリストファー
2位:藤枝明誠
3位:静岡

聖隷クリストファーが初優勝で東海大会進出を
果たしました。

3位決定戦は
静岡 6-1 東海大翔洋で静岡が勝利しました。

ベスト4:東海大静岡翔洋
ベスト8:磐田東・駿河総合・静岡学園・常葉橘

岐阜県

%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e5%b2%90%e9%98%9c%e7%9c%8c2016%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%888

1位:多治見
2位:麗澤瑞浪
3位:美濃加茂

多治見は初優勝で麗澤瑞浪とともに
初めての東海大会に挑みます。

美濃加茂と益田清風は
美濃加茂が6-0で勝利し3位となりました。

ベスト4:益田清風
ベスト8:郡上・中京・岐阜城北・大垣商

愛知県

%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c2016

1位:中京大中京
2位:桜丘
3位:至学館

中京大中京が7年ぶり15回目の優勝で
桜丘・至学館とともに東海大会出場と
なります。

3位決定戦は
至学館 3x-2 享栄
という結果になりました。

ベスト4:享栄
ベスト8:知立東・豊川・東邦・東浦

三重県

%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e9%ab%98%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e4%b8%89%e9%87%8d%e7%9c%8c2016

1位:海星
2位:菰野
3位:三重

海星が2年連続で優勝し東海大会に
進出となりました。

3位決定戦では
三重 8-3 近大高専で三重が勝利し
地区大会出場を決めています。

ベスト4:近大高専
ベスト8:松阪・いなべ総合・津商・皇學館

組み合わせトーナメント表

%e7%ac%ac69%e5%9b%9e%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e9%ab%98%e7%ad%89%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%88

優勝予想

桜丘と静岡の戦いは
いい勝負となりそうですが
静岡が実績からして優位に思います。

麗澤瑞浪と三重ですと
三重が有利だといえます。

藤枝明誠と美濃加茂は
美濃加茂が若干有利である感じがします。

菰野と志学館の戦いは
攻撃力のある菰野が有利だといえます。

この中で優勝候補といえるのは
海星・中京大中京・三重
このあたりになるかと思います。

海星、中京大中京が少し抜けてると
いえるでしょう。

管理人としては
岐阜県出身ですので岐阜勢に頑張ってほしいですが
選抜出場すらむずかしいような気がして
なりませんTOT

選抜高校野球2017年・秋季大会・神宮大会

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る