早稲田大学推薦合格者2016年高校野球選手一覧

%e6%97%a9%e7%a8%b2%e7%94%b0%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e6%8e%a8%e8%96%a6%e5%90%88%e6%a0%bc%e8%80%852016%e5%b9%b4%e9%ab%98%e6%a0%a1%e9%87%8e%e7%90%83%e9%81%b8%e6%89%8b%e4%b8%80%e8%a6%a7

ここでは
早大、早稲田大学にスポーツ推薦入試
合格した高校野球選手を紹介します。

2016年は春季5位、秋季3位と
秋はそれなりの結果を残してきました。

それまでチームをひっぽってきた
大竹投手の代わりに甲子園でも活躍した
小島投手が見事にチームを盛り上げ
秋は防御率1位という個人成績を上げました。

2017年新入生は
どこまでやってくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

画像引用:http://neogaia.ti-da.net/e2438853.html

高校生注目選手2016年の進路

法政大学推薦合格者

大学生注目選手2016年の進路

 

早稲田大学推薦合格者一覧

推薦での合格者は
スポーツ科学部に入学することになります。

他の大学とは違い
推薦での入学者は少なめになっていますね。

まあ学力的にも名門校ですから
安易にバンバン入学させるというわけにも
いかないのでしょう。

 

早川隆久投手(木更津総合)178cm72kg:左左

最速146kmの本格派投手。
投球フォームは出所が見ずらく
直球スライダーとキレがあり
打者を翻弄する。
U18代表。

 

今西拓弥投手(広陵)197cm73kg:左左

和製ランディとも言われる長身投手。
長身から振り下ろす球は
見た目以上の威力がある。

 

吉沢一翔内野手(大阪桐蔭)172cm75kg:右右

大阪桐蔭の主力であった強打者。
長打力抜群。

 

滝沢虎太朗外野手(山梨学院)180cm75kg

チームの主将を務め
高打率でチームを引っ張った。

 

まとめ

早川隆久選手の知名度が一番あるかと思います。
甲子園に2季連続で出場して
メディアにも大きく取り上げられていますからね。

吉沢一翔選手はその早川投手から
本塁打を放った経験があります。

選抜大会でのことでした。

かつては敵だった選手が
大学でチームメイトになり
一緒に優勝を目指してがんばる・・・

とても美しい話ですね。

早川選手も今西拓弥もどちらも
将来のエースになれる力があると思います。

野手2人もともに高校野球時代から
強打で知られていますので
なかなかの大型補給になったんじゃないでしょうか。

再び早稲田旋風到来か?

プロ野球ドラフト会議2016年・進路2017年

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る