選抜高校野球2017年春の甲子園の優勝候補大予想!戦力分析から考察!

選抜高校野球2017年春の甲子園の優勝候補予想

第89回選抜高校野球大会
出場する32チームは
21世紀枠を含め
どこもすばらしい力を持っている
高校野球部になります。

しかしこの中から
優勝できるのは1チームだけ。

清宮選手のいる早稲田実業優勝の
声が大きいのではありますが
はたしてすんなりいくのでしょうか。

独断と偏見で
考察していこうと思います。

スポンサーリンク

選抜高校野球2017年春の甲子園の注目選手!
 
春の甲子園2017年選抜高校野球21世紀枠の勝敗予想
 

優勝予想

履正社
 
履正社高校野球部選抜春甲子園2017年メンバーの出身中学や注目選手

大激戦区である
秋季高校野球近畿大会を制覇。

大阪府大会では
層の厚いライバル大阪桐蔭を撃破し
明治神宮大会では
早稲田実業を破り
優勝。

死角なしといえるくらい
戦力が充実しています。

昨年の旧チームも戦力が
これでもかというくらい高かったのですが
新チームになっても
投打ともに逸材がそろい
竹田祐投手が相手打線をほんろうでき
安田尚憲選手は打撃力で
得点の機会を作り出すことができます。

 

早稲田実業
 
早稲田実業高校野球部選抜春甲子園2017年メンバーの出身中学や注目選手

明治神宮大会では履正社高校と
決勝戦で戦うことになりました。

1年春から公式戦に出場し
本塁打を量産している清宮幸太郎選手の
存在感はこれでもかというくらいにあり
彼を打ち取っても
清宮選手以上の逸材といわれる
野村大樹選手が控えています。

エースの服部雅生投手は
清宮選手とともに
1年夏に甲子園を経験。

厳しい時代を経て
さらにたくましくなりました。

履正社と早稲田実業が
優勝にもっとも近い存在であると
いわれていますが
他にも有力校は多数。

 

大阪桐蔭
 
大阪桐蔭高校野球部選抜春甲子園2017年メンバーの出身中学や注目選手

選手層の厚さでは
日本一といえるくらいでありますが
あと一歩というところで
勝利を逃している印象があります。

スーパー中学生として
鳴り物入りで大阪桐蔭に入学した
根尾昴選手ら
最速140kmを超える投手が多数おり
打撃でも中学時代から
その名を轟かしていた逸材を
多数抱えています。

誰か一人が調子悪くても
その穴を埋められる選手がひしめいており
采配をしっかりすることができれば
優勝間違いなしといえるでしょう。

名前負けしている感じがありますので
プレッシャーに打ち勝って
甲子園で暴れてほしいですね。

 

滋賀学園
 
滋賀学園高校野球部選抜春甲子園2017年メンバーの出身中学や注目選手
 
2016年春の選抜に初出場し
いきなりのベスト8。

神村月光選手ら
経験者もおり
この春の選抜もおおいに
期待できます。

 

作新学院
 
作新学院高校野球部選抜春甲子園2017年メンバーの出身中学や注目選手

2016年夏の大会の覇者。

秋の大会まで時間が短い中
戦力を整えて
見事に関東大会を
制することになりました。

昨夏の優勝貢献者の今井選手が抜けましたが
大関秀太郎投手などの逸材が育ち
夏春連覇という
難しい記録を達成して
強い作新学院完全復活ということに
なるのではないかと
期待させてくれます。

 

まとめ

履正社と早稲田実業が優勝候補筆頭といえて
作新学院・滋賀学園・大阪桐蔭といったところが
それに続くといえます。

選抜高校野球2017年と秋季大会・神宮大会(2016年)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る