第4回WBC・2017年出場日本代表メンバー辞退選手

第4回WBC・2017年出場日本代表メンバー辞退選手

第4回ワールドベースボールクラシック開催も
近づいてきたわけですが
日本代表には頑張ってもらって
ぜひとも優勝してほしいと思います。

ここでは出場を望まれながらも
辞退することになった選手たちを
紹介していきます。

スポンサーリンク

画像引用:http://samatv.jp/WP/post-1687

第4回WBC出場辞退選手

大谷翔平(日ハム)

キャンプが始まって間もなく、
足首の故障とコンディション不良のために
辞退することに。

日本代表のエースとして期待されていながらも
出場できないとなって騒動に。

 

中島卓也(日ハム)

遊撃手としての活躍が期待されていたものの
コンディション不良によりキャンプ前に辞退を発表。

今宮健太(ソフトバンク)

中島選手の辞退を受けて白羽の矢がたつことになるも
2016年10月に受けた右肘の手術の影響で出場を辞退
することになった。

 

上原浩治(カブス)

所属チームからの要請により
早々に辞退を発表。
国際試合の経験豊富のために
辞退は多くの人に衝撃を与えた。

 

ダルビッシュ有(レンジャーズ)

チームからの要請で辞退。
トミージョン手術から復帰したばかりであったり
契約最終年であったりしたことが
影響しているといわれている。

 

田中将大(ヤンキース)

チームに貢献するために辞退。

 

前田健太(ドジャース)

不出場の要請といったものは特になかったものの
辞退することに。

 

日本野球界が誇る逸材たちが
チームの事情やケガなんかのために
出場を辞退することに
なってしまいました。

予備登録選手の制度といったものもできて
メジャーリーグ選手の出場も
期待されていただけに
とても残念でありますね。

ただ彼らはWBCのためだけに野球をしているわけではありませんし
いろいろ考えた結果での
出場辞退であるだけに
とやかくいえることはなにもありません。

せっかくの世界大会ですから
こういった選手たちが出場しやすいように
いろいろなところを見直していかないと
いけませんね。

どの国も逸材たちは
メジャーリーグでプレーしていることが多いですので
世界一を決める大会で
各国が一番強い状態で
試合をしてほしいなって思います。

第4回WBC・2017年出場日本代表メンバー発表!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る