高校野球夏の福岡県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校など。甲子園出場候補の位置は?

福岡県高校野球2017年組み合わせトーナメント表タイトル

第99回全国高等学校野球選手権神奈川県大会の組み合わせトーナメント表
6月23日発表となりました。

センバツは2校出場しましたが
夏はこのトーナメントを勝ち抜いた
1校しか甲子園に行けません。

なんだか悲しくもありますが
ルールですから仕方ありませんね^^

スポンサーリンク

夏の高校野球2017年福岡県大会の優勝候補予想・展望

第99回全国高等学校野球選手権福岡県大会
組み合わせトーナメント表

福岡県高校野球2017年組み合わせトーナメント表

参加校数

134チーム

シード校

九産大九州・西短大附・九国大付・真颯館
古賀竟成館・福工大城東・筑陽学園・東筑
東海大福岡・福大大濠・久留米商業・飯塚
祐誠・福工大城東・八幡・福島・小倉工業

連合チーム

遠賀・若松商
筑豊・行橋

選手宣誓

北九州高専:秋吉亮佑主将

ネットなどの反応

連合チーム増えたね。

見どころ

Aブロックは
センバツ春の甲子園ベスト8の福岡大大濠が
入っています。

朝倉や八幡といった強豪チームも入り
福岡大大濠が簡単に抜け出すということは
なかなか難しいかもしれません。

Bブロックは
小倉工業が入ることになりました。
北九州といったチームもこの中に入り
結構な激戦区状態に
なっていますね。

Cブロックは
真颯館に小倉、沖学園といった強豪が
入ることになり
こちらもかなりの激戦区です。

いい選手がたくさんいるチームが多いため
熱い戦いを見ることが出来そうですね。

Dブロックは
飯塚、柳川といったところが注目で
どちらかが抜け出すことになりそうです。

Eブロックは
祐誠に東海大福岡といったチームが
入ることになりました。

強豪福岡第一と祐誠が初戦で対戦することになり
いきなり熱い試合を拝めそうです。

Fブロックは
西日本短大付が抜けていると感じられます。
力のあるチームもいくつかはあるのですが
西日本短大付がやはり優位ですね。

Gブロックは
春の王者九産大九州が登場。
東筑も力をもっており
どちらかが突破をかけて戦うという
展開になっていきそうです。

Hブロックは
4連覇を狙う九州国際大付が登場。
昨夏準優勝福岡工大城東も入り
とんでもない激戦区となりました。

頭一つ抜けているチームがいるところもあれば
力の似ているチームが固まりまくっていることもあり
このトーナメントを勝ち抜くのは
とんでもなく大変でしょう。

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る