高校野球夏の岐阜県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校など。甲子園出場候補はどう?

岐阜県夏の高校野球組み合わせトーナメント表タイトル

第99回全国高等学校野球選手権岐阜県大会の組み合わせトーナメント表
6月24日に登場することになりました。

岐阜びいきのためにやぐらをみるのがすきだったりしますが
自分の予想通りになかなかいきそうもないなと
そんな風に思う結果になりました。

スポンサーリンク

夏の高校野球2017年岐阜県大会の優勝候補予想・展望
 

第99回全国高等学校野球選手権岐阜県大会
組み合わせトーナメント表

岐阜県夏の高校野球組み合わせトーナメント表

各ブロックの勝者が再び抽選を行い
優勝をかけて争うという
例年通りのトーナメント表に
なりました。

参加校数

68チーム

シード校

第一シード

大垣日大・中京学院・岐阜各務野・土岐商

第二シード

多治見・岐阜工・美濃加茂・県岐阜商

春の大会のベスト8以上が
シードを獲得することに
なりました。

連合チーム

なし

選手宣誓

岐阜総合学園:笠原主将

ネットなどの反応

美濃加茂と大垣日大がおなじか・・・

見どころ

Aブロックは大垣日大と
美濃加茂がシード登場します。

岐阜総合や岐阜といった強豪が入り
なかなかの激戦区になりましたが
大垣日大が優位といえるでしょう。

Bブロックは
中京学院とセンバツ出場の多治見が
シードになりました。

関商工や岐阜城北と近年活躍している
チームも入り、
こちらも熱いブロックとなっています。
でも中京学院が抜けることになりそうですね。

Cブロックは
岐阜各務野と岐阜工業がシードではありますが
市岐阜商業も強豪であり
力も似通っているので
どこがブロックを抜けることになっても
おかしくないといえるかと思います。

Dブロックは土岐商業と県岐阜商業がシードで登場しますが
岐阜第一も入ることになり
どこが抜けるか予想しにくいところがあります。

県岐阜商が優位といえますが
最近の戦いを見ると
敗退の可能性もあったりします。

岐阜は縁のある地域になるために
どうしても熱くなってしまう私がいますが
秋のような波乱が起きてしまうんじゃないかと
ここ最近は思えてなりませんね。

東海地区大会準優勝の大垣日大が
このトーナメントを制することになるのか?
と確信がなかなかできず
夜も眠れなかったりします^^

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る