高校野球夏の愛媛県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校は?甲子園出場候補はどう?

高校野球夏2017年愛媛県組み合わせトーナメント表タイトル

ここでは6月25日に決まった
第99回全国高等学校野球選手権愛媛県大会の組み合わせトーナメント表
見ていきたいと思います。

野球王国の組み合わせは
期待を裏切らない恐ろしいものに
なってしまった感じがします^^

センバツ出場の帝京第五は
どこまで勝ち上がることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

第99回全国高等学校野球選手権愛媛県大会
組み合わせトーナメント表

高校野球夏2017年愛媛県組み合わせトーナメント表

参加校数

60チーム

シード校

帝京第五・松山聖陵・宇和島東・済美

春季大会上位のチームや
選抜出場校がら選ばれています。

連合チーム

なし

選手宣誓

宇和:兵頭龍紀主将

ネットなどの反応

初戦から熱い試合がある。

見どころ

Aブロックはセンバツ春の甲子園大会に出場した
帝京第五がシードで登場。

帝京の力が抜けている感じがして
ブロックをおそらくは抜けることに
なるでしょう。

Bブロックは
宇和島東がシード。
川之江といったチームと同じになり
白熱した試合を見られるのではないかと
思います。

Cブロックは春の県大会優勝の
松山聖陵が登場。
力のある松山聖陵を
他のチームがどのように挑んでいくかが
とても楽しみですね。

Dブロックは済美がシードとなりますが
新田と伊予というプロ注目選手を抱える
チーム同士が初戦で戦うことに。
どちらかが敗退となるため
ちょっともったいない気がしますね。

全体的に見ると
Dブロックがとんでもないことになりました。
抽選会の恐ろしさというものを
見せつけられた感じですね。

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る