高校野球夏の熊本県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校は?甲子園出場候補はどこなの?

高校野球夏2017年熊本県組み合わせトーナメント表タイトル

第99回全国高等学校野球選手権熊本県大会の組み合わせトーナメント表
6月22日に登場しました。

春に2校がセンバツに参加しましたが
組み合わせを見ると
早めにこの2校が当たることになり
ちょっと悲しい感じも
してしまいます。

スポンサーリンク

 
夏の高校野球2017年熊本県大会の優勝候補予想・展望
 

第99回全国高等学校野球選手権熊本県大会
組み合わせトーナメント表

高校野球夏2017年熊本県組み合わせトーナメント表

参加校数

 
63チーム
 

シード校

 
文徳・八代・専大玉名・球磨工
東海大星翔・九州学院・熊本工業・秀岳館

センバツ春の甲子園出場2校と
春季大会ベスト8以上から
選ばれました。

連合チーム

 
なし
 

選手宣誓

八代東:桑田健大主将

ネットなどの反応

センバツ出場2校が準決勝で当たるか?

見どころ

Aブロックは秀岳館と東海大星翔がシードに。
この2校でベスト4をかけて
争うことになるかと思いますね。

Bブロックは熊本工業と八代がシードで登場。
城北や有明といったチームが
ノーシードで入っており
厳しいブロックになりましたね。

Cブロックは専大玉名と文徳がシード。
八代東、鎮西といった強豪も入り
こちらも厳しい戦いが予想されるものに
なりました。

Dブロックは球磨工業、九州学院が
シードで登場。
必由館あたりも強豪ですが
九州学院が優位かなという感じが
しますね。

全体的に見ると
BとCブロックが激戦区という形に
なっています。

番狂わせが起こるかもしれないような
組み合わせになりましたね。

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る