高校野球夏の奈良県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校は?甲子園出場候補はどこ?

高校野球夏2017年奈良県組み合わせトーナメント表タイトル

第99回全国高等学校野球選手権青森県大会の組み合わせトーナメント表
6月30日に完成しました。

春の選抜甲子園大会は2校が出場しましたが
今回はこのやぐらを勝ち抜いた
1校だけの出場になります。

スポンサーリンク

 
夏の高校野球2017年奈良県大会の優勝候補予想・展望
 

第99回全国高等学校野球選手権奈良県大会
組み合わせトーナメント表

高校野球夏2017年奈良県組み合わせトーナメント表

参加校数

40チーム
 

シード校

 
智弁学園・奈良大付・高田商・天理

連合チーム

青翔・二階堂・吉野

選手宣誓

西大和学園:竹田一星主将

ネットなどの反応

天理と智辯学園が決勝の前に当たってしまう!

見どころ

Aブロックは天理がシードになっています。
法隆寺国際や奈良朱雀といった強豪がノーシードで入っており
激戦区といえますが
天理が優位ではありますね。

Bブロックは智辯学園がシードで登場。
初戦で御所実業と当たる可能性があり
いきなり熱い戦いを見ることが
出来そうです。
高取国際なんかがノーシードで存在し
なかなか熱いブロックとなりました。

Cブロックは選抜出場の高田商業がシードに。
大和広陵といったチームも入っておりますが
高田商業が優位でしょう。

Dブロックは奈良大付がシードになります。
橿原学院も入っており
こちらも熱いブロックになりましたね。

全体的にみると
どのブロックもそれなりに厳しいものに
なっている感じがします。

もしかしたら普段とは違うチームが
甲子園への出場権を勝ち取るんじゃないかといった
期待も持てそうですが
なかなかそううまくはいかないかもしれません。

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る