高校野球夏の埼玉県大会2017年組み合わせトーナメント表。シード校は?甲子園出場候補はどこ?

高校野球夏2017年埼玉県組み合わせトーナメント表タイトル

第99回全国高等学校野球選手権埼玉県大会の組み合わせトーナメント表
6月20日に完成しました。

やぐらを見ると多数のチームがあり
大変そうに見えました
しかし特に厳しいのは・・・

スポンサーリンク

 
夏の高校野球2017年埼玉県大会の優勝候補予想・展望
 

第99回全国高等学校野球選手権埼玉県大会
組み合わせトーナメント表

高校野球夏2017年埼玉県組み合わせトーナメント表

参加校数

 
156チーム
 

シード校

 
浦和学院・花咲徳栄・市川越・春日部共栄
草加西・川越工・ふじみ野・叡明
武南・本庄東・大宮東・西武台
浦和実業・埼玉平成・ 山村学園・東農大第三

連合チーム

児玉白楊・児玉・深谷
上尾鷹の台・上尾橘・新座・越生

選手宣誓

鳩山:前野大悟主将

ネットなどの反応

浦和学院のところやばい!

見どころ

Aブロックは浦和学院と武南がシードになります。
組み合わせを見る限りは浦和学院が優位となっていますが
そのほかのチームも侮れませんね。

Bブロックは本庄東と草加西がシードに。
聖望学園や埼玉栄といった強豪校が
ノーシードで控えており
このブロックを抜けるのは大変ですね。

Cブロックは叡明と大宮東がシードで登場。
本命がいないブロックだけに
どこがでてきてもおかしくないといえます。

Dブロックは西武台と春日部共栄がシード。
春日部共栄が抜けている感じがしますが
他のチームがどのように挑んでいくのかが
楽しみですね。

Eブロックは花咲徳栄と浦和実業がシードに。
3連覇を狙う花咲徳栄がとびぬけた力を持っていますが
他チームがどこまでくらいつけるのか
楽しみですね。

Fブロックは埼玉平成とふじみ野がシードで登場。
この2校を中心に回っていきそうですが
しかしどこがブロックを抜けることになっても
おかしくはありませんね。

Gブロックは川越工業と東農大第三がシードとなっています。
この2校のどちらかが
ブロックを抜けることになりそうです。

Hブロックは山村学園と市川越がシード。
公立ながらも実績のある市川越が
抜けることになりそうですが果たして・・・
 
多数の高校があり強豪がばらけているようにみえますが
Bブロックはとんでもない激戦区と
なってしまいました。

高校野球夏甲子園の地方予選組み合わせトーナメント表とシード校を一覧にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る