21世紀枠の有力出場候補予想2018年 春の第90回選抜高校野球大会

21世紀枠の有力候補予想2018年 春の第90回選抜高校野球大会

2018年の春の選抜高校野球甲子園大会である
第90回記念選抜高等学校野球大会
21世紀枠の出場校を予想していきますね。

前回は21世紀枠の意味が問われたりしましたが
しかし今年も21世紀枠のチームは
出場することになりました。

スポンサーリンク

画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/岐阜県立大垣西高等学校

選抜高校野球2018年出場校予想 明治神宮枠と一般枠

21世紀枠候補2018年

ここでは候補となった
チームを簡単に紹介していきます。

■東日本

北海道

函館工業(北海道)

秋季大会成績:北海道大会ベスト8

道内最古の工業高校であり
春夏甲子園出場経験あり。

東北

由利工業(秋田)

秋季大会成績:秋田県大会3位・東北大会ベスト8

エースの佐藤亜蓮投手は
最速142kmの速球を持つ
逸材です。

関東・東京

藤岡中央(群馬)

秋季大会成績:群馬県大会ベスト4

群馬県の強豪である
前橋育英を相手に延長14回、
2-1で勝利しました。

東海

大垣西(岐阜)

秋季大会成績:県大会準優勝。東海大会ベスト8

東海大会初戦で全国に知られた強豪
中京大中京に勝利。

北信越

金津(福井)

秋季大会成績:福井県大会初優勝、北信越大会初戦敗退

強豪ひしめく福井県大会で
見事に初優勝を飾りました。

■西日本

近畿

膳所(滋賀)

秋季大会成績:滋賀県大会ベスト8

進学校であり
優勝した近江と接戦の末に
敗れました。

中国

下関西(山口)

秋季大会成績:山口県大会3位、中国大会初戦敗退

県内有数の進学校で
伝統のある高校です。

四国

高知追手前(高知)

秋季大会成績:高知県大会3位、四国大会初戦敗退

九州

伊万里(佐賀)

秋季大会成績:佐賀県大会準優勝→九州大会初戦敗退

以上が21世紀枠の候補の
チームとなります。

21世紀枠出場校予想

東日本は
函館工業(北海道)・由利工業(秋田)・藤岡中央(群馬)・金津(福井)・大垣西(岐阜)
が対象となっています。

東日本の場合は、東北地区が含まれており
東日本大震災の後は
東北のチームが選ばれやすくなっています。

秋田県の由利工業
東北大会ベスト8まで進出しており
インパクト抜群!

選ばれる可能性大といえるでしょう。

西日本は
膳所(滋賀)・下関西(山口)・高知追手前(高知)・伊万里(佐賀)
が対象となります。

高知追手前は、明治神宮大会で
明徳義塾が優勝して
四国地区の枠が増えていることもあり
21世紀枠で選ばれる可能性は
低いと思われます。

膳所は県大会ベスト8と成績に不安があり
おそらく外れることになると思いますね。

下関西は進学校で伝統校、
伊万里よりインパクトがあるかなという感じがし
西日本からは下関西が選ばれるかと思われます。

あとの1校ですが
おそらく大垣西になるかと
思いますね。

大垣西は、前回同じ岐阜県のチームである
多治見高校が甲子園で大敗したことにより、
21世紀枠はいらないのではないかという
声が大きくなったりしました。

岐阜のチームを応援している私には
つらい記憶だったりしますね^^;

同じ県から2年連続で出場というのは
難しいところもあるかと思いますが
過去にはそういったケースもあるので
不可能ではないといえます。

前回の多治見高校の大敗は
リベンジの声を期待する声もあるために
大垣西に有利に働くともいえます。

あと、大垣西は中京大中京という
甲子園最多優勝回数を誇る名門中の名門を
東海大会で大逆転で破ったということもあり、
こういうところも有利になるのかなって、
そんな感じがしています。

まとめ

由利工業・下関西・大垣西
選ばれると予想しました。

答えは2018年1月26日に
発表となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る